最新 大会報告

農業家庭クラブ

宮城県学校農業クラブ連盟 プロジェクト発表大会にて各賞を受賞

Ⅰ類〔生産・流通・経営〕

優秀賞

演題『未利用資源活用の豚肉生産による地域復興を目指してⅡ』~腸内環境を整えてよりよい豚肉を生産~

              農業科3年 浅野 朱羅 浅野 貴広 谷野 比奈子 2年 髙橋 真由

Ⅱ類〔開発・保全・創造〕

優秀賞

演題「世界農業遺産の郷から発進」~未来を繋ぐ加美農ブランド~

    農業科3年 鹿野 修 菅原 颯斗 村上 岳 近江 大樹 青砥 史 2年 虎岩 光誠 吉田 祐里

  

奨励賞

 演題「ドローン・IoTを活用した獣害調査とその対策に関する研究」

    農業機械科3年 早坂 竜輝 鈴木 大暉 氏家 晴輝 木村 遼軌 米川 瞬

 

Ⅲ類〔ヒューマンサービス〕

奨励賞

演題「私たちの挑戦」~藍色と共に広がる私たちの世界~

    生活技術科2年 瀬戸 希望 鈴木 莉奈 小松 愛佳 松倉 楓 藤井 桃香 佐藤 花音 佐藤 珠麗

後期 農業クラブ・家庭クラブ総会が開催されました

11月21日(木)、後期の農業クラブ・家庭クラブの総会が開催されました。新旧役員の挨拶のあと、農業クラブ東北大会など、各種大会の報告や会計報告が行われ、最後に、恒例の農業クラブ歌「FFJの歌」と家庭クラブ歌「明日へ」を全員で斉唱し総会を終えました。生徒からは、農業クラブ・家庭クラブのさらなる充実に頑張っていく決意が感じられました。

 

宮崎中学校の皆さんが来校しました

10月3日(木)、今年も宮崎中学校の1年生33名が来校し、農業機械科3年生の機械整備でのドローン操作や、農業科2年生の生物工学など、6つの分野に分かれて体験実習を行いました。昼食は、農場で野外炊飯とカレーを作って食べました。中学生の皆さんは、本校の作物専攻の生徒が丹精込めて栽培した新米を堪能していました。

JGAP講習会が開催されました

10月3日(木)、農業科2・3年生の作物専攻の生徒7名と教職員が、JGAP取得に向けての講習会に参加しました。JGAPとは、食の安全や環境保全に取り組む農場に対して、農林水産省から与えられる認証のことです。講師としてJGAP上級審査員をお招きし、認証に向けての農業生産工程管理手法について学びました。

家庭クラブの生徒が「色麻町 秋の交通安全街頭キャンペーン」に参加

9月24日(火)、家庭クラブの生徒9名が「色麻町 秋の交通安全街頭キャンペーン」にボランティアととして参加し、手作りの交通安全マスコットを配りながら交通安全を呼びかけました。マスコットはカエルをかたどった折り紙で作られており、ドライバーの皆さんが毎日「無事に帰る(カエル)」ことを祈って笑顔で手渡しました。