新着
7月17日(水)18日(木)の両日、恒例のスポーツ大会が開催されました。 夏休み前のこの時期に、全校生徒が、バスケットボール、バレーボール、ソフトボール、サッカー、バドミントン、ドッジボールなどの球技のほか、障害物リレーや選抜リレー、腕相撲の各種目で、クラス対抗で競い合いました。 1日目は、前日までの雨天により屋外での競技が一部、体育館での競技に変更になりましたが、全力でプレーする選手を応援するクラスメイト全員が、手作りの応援グッズを手に一生懸命に声援を送っていました。 このスポーツ大会を通じて、クラスの団結力がより高まりました。加美農生の明るさと元気良さが目立った大会でした。
7月5日(金)、宮城県学校農業クラブ連盟主催 意見発表大会において、3年農業科 鹿野 修 君が 『地域を支える削蹄師』という題で発表し、見事、最優秀賞を受賞しました。 同じく、本校から出場した3年農業科 谷野 比奈子さんは優秀賞、3年生活技術科  佐々木 夏音さんは奨励賞を受賞しました。 最優秀賞を獲得した鹿野君は、8月22日から北秋田市で開催される東北連盟大会に出場が決まりました。 東北大会でも、是非、頑張ってきてほしいと思います。