ブログ

令和元年度

スポーツ大会が開催されました

7月17日(水)18日(木)の両日、恒例のスポーツ大会が開催されました。

夏休み前のこの時期に、全校生徒が、バスケットボール、バレーボール、ソフトボール、サッカー、バドミントン、ドッジボールなどの球技のほか、障害物リレーや選抜リレー、腕相撲の各種目で、クラス対抗で競い合いました。

1日目は、前日までの雨天により屋外での競技が一部、体育館での競技に変更になりましたが、全力でプレーする選手を応援するクラスメイト全員が、手作りの応援グッズを手に一生懸命に声援を送っていました。

このスポーツ大会を通じて、クラスの団結力がより高まりました。加美農生の明るさと元気良さが目立った大会でした。

0

3学年「高校生のための文化講演会」が開催されました

6月27日(木)、3学年を対象とした「高校生のための文化講演会」が開催されました。この講演会は、集英社と河北新報社が主催し、毎年、県内の高校で開催する講演会で、今回のお越しいただいた講師は宇山佳佑さんです。

宇山さんは、『今夜ロマンス劇場で』や『君にささやかな奇蹟を』『この恋は世界でいちばん美しい雨』などを執筆された、近年、注目の若手脚本家・小説家です。

演題は『本当の「いいね!」のもらい方』で、宇山さん自身の仕事への取り組む姿勢や考え方、高校生のうちにやっておくべきこと、心がけておくこと等、今の高校生にとって珠玉の言葉を伝えていただきました。

生徒たちも、宇山さんのわかりやすい、そして心に響く大切なお話に聞き入っていました。

0

PTA宮崎支部「花いっぱい運動」が行われました

 6月8日(土)に、PTA宮崎支部の皆さんによる毎年恒例の「花いっぱい運動」が宮崎中学校で行われました。

 あいにくの小雨の降る中での活動でしたが、支部会員の保護者の皆様と本校生徒、そして宮崎中学校の生徒さんたちにも大勢参加していただき、本校で育てたマリーゴールドの苗200株を心を込めて植え付けました。

0

防災教室(避難訓練・震災講話)が開催されました

6月5日(水)、防災教室Ⅰが行われました。

最初に、地震を想定した避難訓練を行いました。生徒は教員の誘導のもと、速やかに避難場所まで移動しました。

避難訓練の後、震災講話として、名取市閖上で被災された語り部の丹野祐子さんをお迎えしました。丹野さんは、当時の閖上の様子やご家族のこと、震災からこれまでの歩み、そして、これからの高校生に伝えたいことなどをお話になりました。

参加された保護者の皆様、生徒、教職員すべてが、その静かな語り口に引き込まれ、命について、今後に生かすべきことについて深く考えることができた内容でした。

丹野さん、そしてスタッフの武田さんには、遠路、本校にお越しいただいたことに、この場を借りて深く感謝申し上げます。

 

 

0

農業クラブ 校内意見発表大会が行われました

5月30日(木)、農業クラブ 校内意見発表大会が本校体育館で行われました。

この大会は、身近な課題や将来の課題についての抱負や意見を発表し、課題解決のための自主的な態度と能力を養うものです。

各学年・各学科の代表者11名が全校生徒を前に、堂々と意見を発表しました。

審査の結果、最優秀賞に農業科3年 谷野比奈子さんの「伝えたいこと」、優秀賞に同じく農業科3年 鹿野 修君の「削蹄師」と高橋 智久君の「牛とともに生きる」が選ばれました。

0

伝統の全校田植えが行われました

5月24日(金)、晴天のもと、伝統の全校田植えが行われました。

絶好の田植え日和の中、全校生徒、教職員、保護者の皆様とともに、本校の水田に手植えで丁寧に田植えを行いました。

この全校田植えはクラス対抗にもなっており、手植えの正確さ、迅速さ、そしてクラスの団結力を競うものとなっています。閉会式では上位入賞したクラス代表に、校長より賞状と景品が贈られました。

田植えの終わった美しい水田に、黄金色の稲穂がなびく季節が待ち遠しいものです。

0

高校総体 大崎地区大会の壮行式が行われました

5月11日(土)12日(日)に開催される、高等学校総合体育大会 大崎地区大会に出場する運動部の壮行式が行われました。

生徒会長、校長の挨拶の後、各部の代表からは力強い意気込みの言葉が聞かれました。

その後、応援団によるエール、校歌斉唱が行われました。

選手の皆さんには、それぞれの競技で全力を尽くし、大いに活躍してきてほしいものです。

 

0

農業クラブ 家庭クラブ 入会式・総会が行われました

令和元年度 農業クラブ家庭クラブの入会式・総会が開催されました。

農業クラブとは、日本全国の農業科や農業に関する学科をもつ高校に属する生徒の団体で、意見発表大会やプロジェクト発表会、農業鑑定競技会、家畜審査競技会などの大会を通じて、生徒の意欲的な農業学習を推進する組織です。

家庭クラブとは、日本全国の高校に属する生徒の団体で、家庭科の学習内容の発展として実践的・体験的な活動を推進する組織です。

入会式では、農業クラブ会長の農業機械科3年 加賀山 智 君と、家庭クラブ会長の生活技術科3年 二瓶まひろ さんの挨拶の後、農業・家庭クラブの紹介などが行われました。

また、総会では、平成30年度の活動報告、決算・監査報告、令和元年度の予算案、活動計画案等が審議されました。

新入生も、農業・家庭クラブの活動を通じて、充実した高校生活にしてほしいものです。

0

前期任命式・生徒総会が開催されました

令和元年度の前期任命式と生徒総会が開催されました。

任命式では、生徒会長の3年生活技術科 三浦陸翔君をはじめ、生徒会役員や応援団長、HR長、農業クラブ役員、家庭クラブ役員、寮生会役員に任命状が授与されました。

生徒総会では、議長の3年農業科の鹿野 修君の進行のもと、平成30年度行事報告、決算・監査報告、令和元年度の行事計画、予算案、各委員会・各部活動計画が協議されました。

生徒たちは、「自分たちの学校は、自分たちでより良くする」という意識で総会に参加していました。

0

芸術鑑賞会とPTA総会が開催されました

4月20日(土)、今年度の芸術鑑賞会とPTA総会が開催されました。

本校では、親子で芸術鑑賞会に参加できるよう、PTA総会と同日に開催しています。

今年度は、東京演劇アンサンブルの皆さんによる音楽劇『消えた海賊』を上演しました。

全校生徒221名と、50名を超える保護者の皆さんにも参加いただき、大いに盛り上がった演劇でした。

特に、今回の演劇は舞台装置が非常に大がかりで、迫力あるセットや音楽、照明とともに、13名の俳優の皆さんの熱演によって、生徒たちも演技に引き込まれていました。

芸術鑑賞会の後に行われたPTA総会では、平成30年度の事業報告や会計決算・監査、令和元年度の事業計画や予算、役員改選等、協議題が議長の谷野典子様の進行のもと、すべて承認されました。

その後、3年間副会長を務められた大場稔浩様、会計を務められた門脇優子様、監事を務められた佐藤美保様、2年間学年委員長を務められた永井 仁様、学年委員を務められた佐藤まさみ様、松本玲奈様に対して、長沼一弥新会長、髙野知行校長より感謝状が贈呈されました。

なお、2年間会長を務められた大谷まゆみ様におかれましては、6月6日の宮城県高等学校PTA連合会総会におきまして感謝状が贈呈されます。皆様、本当にありがとうございました。

0
ブログ

平成30年度

加美町鍋まつり-販売所の前に長蛇の列-

2月11日(月)勤労感謝の日,『第19回うめぇがすと鍋まつりin加美』が開催されました。加美町

中新田地区の商店街を歩行者天国にして,加美町商工会青年部や女性部,そして,地元の団体が調理した20種類もの美味しい鍋料理を堪能できるイベントです。本校からも,自慢の相撲部伝統の塩ちゃんこ鍋を出店しました。

当日は天候にも恵まれ,販売開始の11時には,多くの人々で通りは溢れかえっていました。200円~300円とリーズナブルな価格設定でありながら,どの鍋料理もクオリティーが高く,本校の塩ちゃんこ鍋の前にも長蛇の列ができました。生徒会役員を中心に調理と販売を行いましたが,野球部の部員も手伝いに駆けつけてくれました。用意してあった500食分の料理は1時間あまりで完売しました。加美町の町おこしを手伝いながら,町の人々との交流を深め,加美農をPRする良い機会となりました。

0

後期生徒総会・農業クラブ・家庭クラブ 後期総会

11月22日(木)5,6時間目に後期生徒総会・農業クラブ・家庭クラブの各総会が行われました。新役員となってから行われる最初の大きな行事で,生徒総会では,新生徒会長の生活技術科2年の三浦陸翔君を筆頭に,各役員からはこれからの加美農をリードしていこうという気概が強く感じられました。

生徒会役員,農業クラブ・家庭クラブの各役員はもちろんのこと,各委員会の委員長や部活動の部長からも,自分たちの役割をきちんと果たし,実りある学校生活にしていこうとする意気込みが伝わってきました。

 

0

― 後輩に伝えたい ― 進路講話「先輩に学ぶ」

1月17日(木)の5,6校時に進路講話「先輩に学ぶ」が行われました。進路が決定した3年生が,

各学科の1年生と2年生の教室に赴き,これから進路について考えていかなければならない下級生に対して自分たちの進路決定までの経緯を語るという行事です。進路を決めるまでの思い,希望の進路をいかに達成したのかという苦労話や,合格するための面接・試験の受け方など,自らの経験に基づいたアドバイスなどがありました。

先輩の話を聞き漏らさないように懸命にメモをとる1・2年生の姿が印象的でした。この講話のために準備をしてきた3年生の声を,後輩たちはしっかりと受け止めていました。

0

みやぎ産業教育フェア「さんフェア宮城2018」

11月11日(日)に,県庁,勾当台公園で行われた「さんフェア宮城2018」に本校の生徒が参加しました。県内の実業系高校の生徒が集い,農業科や工業科などの教育活動について体験や発表をすることで,産業教育への理解や関心を深める取り組みです。加美農生は,来場した子供向けになかなか体験することのできない搾乳体験を行ったり,りんご等の生産物販売を行いました。また,本校で栽培した花を使って会場を彩り,多くの来場者から好評を得ていました。

0

修学旅行 - 復活!!関西方面 -

最も思い出に残る学校行事のひとつ,2学年の修学旅行が12月6日(木)~12月9日(日)にかけて行われました。2学年生徒75名の一行が,異なる歴史・自然・文化・産業・生活に触れることで,視野を広めるとともに,団体行動を通して協調性や責任感を学ぶ目的で行ってきました。今年は奈良,京都,大阪の関西方面に3泊4日の旅程で行われました。2度と味わえない貴重な4日間を高校生活の良い思い出として,そして,ここで得た体験を今後の学校生活に活かして欲しいと思います。たくさんの思い出の一部を写真で皆さまにお伝えします。

0

収穫感謝の会 ~雨にも負けず~

加美農祭の三日後,農業高校の特色ある行事のひとつ,収穫感謝の会が行われました。加美農で収穫した食材で豚汁を調理し,新米を炊き,農作物の実りと食に感謝しながら秋の味覚を味わう行事です。おにぎりと豚汁という同じメニューで出来映えを競い合うので,各クラスは味や具材、見た目に工夫を凝らします。豚汁には隠し味があったり,おにぎりの具材を考えたりして上位入賞を目指しました。あいにくの雨天にも負けずに,協力して行うことの大切さを学ぶ良い機会にもなりました。

0

加美農祭 -笑顔咲け 想い出刻め 農業に感謝して-

10月26日(金),10月27日(土)の両日,日頃の学習や学校での活動の成果を発表する加美農祭が行われました。27日の一般公開日には天気の心配もありましたが,開会前には雨も小降りになり,受付開始時には農産物販売を目当てに多くの来場者が列を作ってくださいました。代表生徒の意見発表,各学科や部活動の展示などで日頃の成果を発表したほか,模擬店販売,ステージ発表,クラス対抗のパフォーマンスなどを通して,多くの来場者にも楽しんでいただけるものとなりました。ご来場いただいた皆様,誠にありがとうございました。今年の加美農祭の感動をかみしめるとともに,来年度はさらにより良い発表できるように取り組んでいきたいと思います。

 

0

恒例の加美RCインターアクト交流会とボランティア清掃

10月17日に加美ロータリークラブ「インターアクト交流会」が本校で行われました。当日は古川支援学校の児童生徒の皆さんが来校し,果樹園での恒例のリンゴ狩りの後,耕心寮駐車場に移動し,バーベキューを行いました。生徒たちは,自分たちで焼いた肉や野菜を支援学校の子供たちにふるまい,和やかな雰囲気の中で交流を持ちました。

 

 

 

0

秋の祭典 高文連大崎支部総合文化祭

 10月13日,秋晴れの下,宮城県高等学校文化連盟大崎支部総合文化祭が,美里町文化会館,中央コミュニティセンター,近代文学館の各会場で行われました。大崎管内および加美地区の公立,私立の高等学校が一堂に会して,母校の看板を背負って日ごろの活動の成果を発表しました。

 

0

新たな農業につながる -ドローン講習会 -

夏休みが明けた8月29日(水)にドローンの講習会が開かれました。

当日は講師としてドローンジャパン株式会社の代表取締役社長である勝俣喜一郎氏をお招きし,最新のドローンの活用状況や構造,操作方法について学習しました。また,ドローンを飛ばして農業に活用している様子などをプロジェクターで上映しました。生徒たちは外に出て実際にドローンの操縦等を体験学習しました。

0